求人検索

希望エリア

  • 募集形態
  • ポジション
  • 特徴
喫茶・スタンド
2020.04.18

『SOCIAL GOOD ROASTERS』コーヒーと福祉で滑らかな世界を造る

SOCIAL GOOD ROASTERS(ソーシャル グッド ロースターズ)千代田(以下:SGRと表記)は、ハンディキャップのあるバリスタや焙煎士が活躍しているコーヒースタンド。

福祉とコーヒーという不思議な関係ですが、Coffee for Human『人のための珈琲』という理念をカタチにするために誕生しました。

今回、SGRを運営する一般社団法人ビーンズ代表の坂野拓海さんと、現場に携わる成田友彦さんにお話を伺いました。

SGRは【コーヒー×福祉】を学べる空間

一見交わることのない「コーヒー」と「福祉」。それを一体にしたコーヒースタンドがSGRです。

コーヒーを通して人とコミュニケーションを取り、その人が幸せになるきっかけを作れる。たった1杯のコーヒーを提供するまでに、多くの人が携わっていることを体感できます。

障がいのある方に仕事を教えながらカフェの運営を行なっていくので、福祉事業にも携われます。コーヒーとしての社会貢献、福祉という点での社会貢献。

そんな経験ができるのは、SGRだけです。

人の成長を見守れる人と一緒に働きたい

SGRの仕事内容は、「一般的なカフェ業務」と「障がいのある方の成長をサポートすること」です。

コーヒーの知識や技術があるのは前提として、人を育てるのが好きな人に向いている仕事です。障がいのある方は、健常者の人に比べて苦手なことも多いので、人の成長をゆっくり見守っていける。そんな方を求めています。

もちろん、「世界大会で使用される焙煎機を使ってみたい!」「コーヒーの技術を向上させたい!」というモチベーションで仕事をするのも良いことです。

しかし、その意識だけではSGRで働くことは難しいです。勉強して学んだ知識を他の方に還元できる方、そんな方と私たちは働きたいと思っています。

SGRでの仕事のやりがい

コーヒーの仕事をしていて「スペシャルティコーヒーを提供する」だけでは行き詰まりがあると私たちは思っています。技術に何かを加えて、コーヒーの新しい姿や可能性の発見があるのではないでしょうか。

コーヒーの専門性だけではなく、外に視野を向けながら新しい挑戦ができる場所です。

「こんなにも人のことを見て考える」仕事は無いのではないか?というほど、人とのつながりを感じられる職場です。障がいのある方にとってよ、り良い未来を一緒に考えられる場でもあるので、非常にやりがいのある仕事です。

【店舗情報】SOCIAL GOOD ROASTERS

店名:SOCIAL GOOD ROASTERS
住所:東京都千代田区神田錦町1丁目14-13 LANDPOOL KANDA TERRACE 2F
最寄駅:
・都営新宿線/三田線 神保町駅 : 徒歩6分
・都営新宿線 小川町駅 : 徒歩2分
・東京メトロ 丸ノ内線 淡路町駅 : 徒歩2分
・東京メトロ 千代田線 新お茶の水駅 : 徒歩2分
・JR 秋葉原駅 : 徒歩12分
電話番号:03-6811-0895
営業時間:平日・祝日 10:00〜16:00
URL:https://sgroasters.jp/
お店のInstagram:https://www.instagram.com/social_good_roasters/

 

求人情報はこちらから

page top